ナス科の地上絵

筑波大生です。多肉とナス科とキジカクシ科をメインで育てています。山に登ったり、森を歩いたりしてリクウズムシとかリクウズムシとかの生物観察とかもしてます。Fedora大好き

なんとFedora29では正常に作動していたMac book air 2014が30にアップデートしたらWifiがつながらなくなるという事件が発生したのでその解決方法をメモしておきます。

現象としてはWifiモジュールは認識していて無線のSSIDまでは見つかりますが正しいパスワードを入れてもWifiへの接続ができなくなっていました。

結論から言うとこの現象は wpa supplicantという無線通信の暗号化とかに関わってる奴がMBA2014のWifiモジュールに対応していなかったのが原因だったので対応しているバージョンに入れ替えることで動くようになります。

今回はMBA2014のWifiモジュールであるBCM4360に対応しているwpa supplicantを入れればいいのですがなぜかv2.7””””以降””””は対応していないので今回はFedora29でも利用されていたv2.6をインストールしました。
このインストールにはインターネット回線が必要なのでなんとかして内蔵以外でインターネット繋ぐ必要があります。
Linux使うならUSB接続のWifiモジュールを一つくらい持っておくといいと思います。

まずはDNFを使って
dnf --showduplicate list wpa_supplicant
コマンドでダウングレードできないか確認しましたが2.7までしか戻せないようだったので

https://fedora.pkgs.org/29/fedora-x86_64/wpa_supplicant-2.6-17.fc29.x86_64.rpm.html

ここらへんからFedora29用のwpa supplicant v26を落としてきてインストールしてください。

インストールが正常に終了したら後は再起動すればWifiに繋がるようになっているはずです。

Raspberry piの中身はLinuxなのにWindowsマシンで色々やるの気持ち悪い割にLinuxから接続する方法が日本語で書いてなかったので未来の自分用にまとめておきます。

USB-OTGによる接続をすることでWifi環境がなくともUSBケーブル一本で操作することができるので屋外での利用が捗ります。

とりあえず普通にRasbianをmicroSDに書き込みます。そして/boot/直下にsshというフォルダを作ることでSSH接続が可能になります。

そして /boot/cmdline.txt のrootwaitとquietの間に以下のように追記します。

modules-load=dwc2,g_ether

また、config.txt の最後に

dtoverlay=dwc2

と追記します。


これでラズパイ側の設定は終わりです。ここまでの内容は調べればいくらでも出て来るので分からなかったらそっちを見てください。


ここから先はFedora側の設定になります。
Fedoraではドライバは元々入っているので必要ありませんが、ラズパイをUSB接続しLEDの点滅が点灯になったら一度端末で

lsusb

を実行して正しく認識されているかを確認してください。

Bus 002 Device 001: ID 1d6b:0003 Linux Foundation 3.0 root hub
Bus 001 Device 003: ID 05ac:0290 Apple, Inc.
Bus 001 Device 006: ID 05ac:828f Apple, Inc.
Bus 001 Device 002: ID 0a5c:4500 Broadcom Corp. BCM2046B1 USB 2.0 Hub (part of BCM2046 Bluetooth)
Bus 001 Device 013: ID 0525:a4a2 Netchip Technology, Inc. Linux-USB Ethernet/RNDIS Gadget
Bus 001 Device 001: ID 1d6b:0002 Linux Foundation 2.0 root hub

こんな感じでUSB接続されているデバイスが出て来るのでその中に

Ethernet/RNDIS Gadget

があれば正常に認識されています。しかしまだ正しく接続はされていないので右上のメニューをみると

有線 オフ

みたいな表記になっていると思います。そうしたら有線オフをクリック又は設定→有線設定の中にある有線設定を開き、その中でラズパイの設定を

IPv4 リンクローカルのみ
IPv6 無効

に変更します。変更したら適用し、少し待つと

有線 接続済み

となりラズパイとの接続は完了です。

SSH pi@raspberrypi.local
passward:raspberry

でSSH接続して使うことができます。

ちなみにラズパイ側から見たFedora側のIPアドレスは

ifconfig

で出て来る接続の中でinet6が無い物を見つけたらその接続のinetをみると分かります。

やり方さえわかれば簡単なので皆さんもLinux使いましょう。

Thinkpad10をFedora tablet として使う際にそのままではWifiが使えなかったのでとりあえずwifiをつなげるところまでメモしておきます。
Fedoraのバージョンは Fedora 29 です

とりあえず
dmesg | grep  brcm します。するとカーネルがWifiチップのドライバの読み込みに失敗したメッセージで何というドライバを読み込んでいるのかがわかります。
その中に

brcmfmac:  brcmf_fw_alloc_request: using brcm/brcmfac43241b5-sdio for chip BCM4324/6

という様なものが見つかると思います。この
BCM4324
がWifiチップの名前です。調べてみるとBlueToothとのコンボモジュールのようですがBluetoothは最初から認識してました。そして

brcmfac43241b5-sdio

が必要なドライバです。ドライバはこちらからコピペしてテキストファイルに貼り付けてテキストファイルの名前を

brcmfac43241b5-sdio.txt
にします。この作業は別のマシンでやると楽です。(そもそもまだThinkpad10はインターネットにつながらないので)

もしも読み込もうとしているドライバ名が違えばそっちに合わせてください。そもそもこれもT100TAというタブレット様に書かれたものの流用なので更に他のAtomタブレットでも使えると思います。

そして書き込んだものを

/lib/firmware/brcm/

にコピーします。ただしこのディレクトリへの書き込みには管理者権限が必要なので別のPCで作った上のファイルをUSBメモリにコピーしてそのディレクトリを端末でひらいて

sudo cp brcmfac43241b5-sdio.txt /lib/firmware/brcm/brcmfac43241b5-sdio.txt

とすると楽です。コピーできたら再起動します。Wifiに繋がります。

ちなみにこれだとまだ音が出ないので音の出し方は今調べ中です…。

このページのトップヘ